So-net無料ブログ作成
検索選択

百田尚樹の「殉愛」幻冬舎 涙なくして読めない純愛ノンフィクション [本]

百田尚樹の「殉愛」が幻冬舎より、11月7日に発売されました。

同日、テレビ番組でも特集されていましたが、
やしきたかじんを最後まで看病した女性とのエピソードが綴られる
涙なくして読めない純愛ノンフィクション。

本当の愛とは何か?を考えさせられる一作です。

誰も知らなかった、やしきたかじん最後の741日。 2014年1月3日、ひとりの歌手が食道がんで亡くなった。
関西の視聴率王」やしきたかじん。
ベールに包まれた2年間の闘病生活には、
その看病に人生のすべてを捧げた、かけがえのない女性がいた。
夜ごとに訪れる幻覚と、死の淵を彷徨った合併症の苦しみ。
奇跡の番組復帰の喜びと、直後に知らされた再発の絶望。
そして、今わの際で振り絞るように発した、最後の言葉とは――。
この物語は、愛を知らなかった男が、本当の愛を知る物語である。
『永遠の0』『海賊とよばれた男』の百田尚樹が、
故人の遺志を継いで記す、かつてない純愛ノンフィクション。

Amazon内容紹介より引用)


殉愛 Amazon


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。